Author Archives: iyoo

  • -

令和3年4月21日(水) 第1409回例会(4月度第2例会)

Category : 例会

福山ニューキャッスルホテル2階にて、第1409回例会(4月度第2例会)が開催されました。
本日は、株式会社ロアール代表取締役社長園尾英樹さん、福山ハーネスの会会長小野昭介さん、盲導犬利用者比奈幸三さん、盲導犬ジェフ君、社会福祉法人若菜福山地区エリア長小寺清美さんにゲストとしてお越し頂きました。
だんだんと暖かく過ごしやすい気候になってきましたね。ゴルフに行かれる方も楽しそうに近況を報告されていました。


  • -

令和3年4月10日(土)熊ヶ峰ひろば清掃

恒例の熊ヶ峰ひろば清掃がありました。
天候にも恵まれ、春の澄んだ爽やかな空気の中清掃作業を行い、とても気持ちのよい朝となりました。


  • -

令和3年4月7日(水)第1408回例会(4月度第1例会)花見例会

Category : 例会

福山ニューキャッスルホテルにて、第1408回例会(4月度第1例会)花見例会が開催されました。
コロナ禍により花見ができなかった方も多かったと思いますが、懇親会では大畑LTが用意した花見ドローンプロジェクトによる花見映像がスクリーンいっぱいに流れ、花見気分を満喫することができました。
ビンゴゲームとオークションでは、青柳委員長をはじめとする事業収益委員会の皆様、そしてクラブの皆様に素敵な景品を数多く出品して頂いたおかげで、大変な盛り上がりを見せました。


  • -

令和3年3月29日(月) 感謝状授与式

Category : 事業一覧 , 未分類

福山城築城400周年の記念事業推進のため基金へ寄付させて頂きましたところ、福山市役所にて感謝状の授与式が開かれました。
当クラブより、髙田健司地区名誉顧問、瀬川尚秀会長、畑田直毅幹事、板崎哲文長期ビジョン委員長が出席されました。


  • -

令和3年3月25日(木) そらまめこども食堂さんへお米を寄贈

Category : 未分類

そらまめこども食堂さんへお米を寄贈させて頂きました。
そらまめこども食堂さんは、福山市内でこども食堂を運営されているボランティア団体です。
コロナ禍の影響によりこども食堂の開催が難しくなり、現在、利用者のご自宅に食材を配布する活動をされています。
食材の中でもお米が不足することが多く大変お困りということでしたので、コロナ禍だからこそできる支援を当クラブとして考えた結果、今月より、1か月30㎏のお米を継続して寄贈させて頂くこととなりました。
コロナ禍に負けずにガンバロウ!


  • -

令和3年3月21日(日) 献血の実施

エフピコアリーナふくやまにて、献血を実施しました。
同会場では、福山バスケットボールフェスティバル福山葦陽ライオンズ記念カップが開催されており、来場の方を含め、大変多くの方に献血へのご協力を頂きました。


  • -

令和3年3月20日(土)~21日(日) 福山バスケットボールフェスティバル福山葦陽ライオンズ記念カップ 

福山バスケットボールフェスティバル福山葦陽ライオンズ記念カップが開催されました。
昨年はコロナ禍の影響により開催できなかったため、2年ぶりの開催となりました。
また、開催場所は、福山通運ローズアリーナと、初となるエフピコアリーナふくやまでの2場所開催となりました。


  • -

令和3年3月18日(木)福山東LC CN44周年記念例会

Category : 例会

福山ニューキャッスルホテルにて、福山東LC CN44周年記念例会が開催され、当クラブより瀬川会長、畑田幹事、高田次期GMTコーディネーター(予定者)の3名が出席させて頂きました。


  • -

令和3年3月17日(水) 第1407回例会(3月度第2例会)

Category : 例会

福山ニューキャッスルホテル3階にて、第1407回例会(3月度第2例会)が開催されました。
本日は、次年度準備理事会の報告に多数の委員会報告、承認事項と、盛り沢山の内容でした。

また、冒頭、今年の3月11日で東日本大震災から10年を迎えたことを受け、犠牲者に黙祷が捧げられました。
死者、行方不明者数合わせて約2万2千人にも及ぶ未曾有の大災害は、今なお被災の中心地であった東北地方に様々な爪痕を残しています。
10年は一つの区切りかもしれませんが、東北への支援、復興に向けた思いは、今後も絶やさぬようにしていきたいです。


  • -

令和3年3月3日 第1406回例会(3月度第1例会)任命式

Category : 例会

福山ニューキャッスルホテル2階にて、第1406回例会(3月度第1例会)任命式が開催されました。
次年度の役員が任命され、本年度予定されている行事も残り少なくなってきました。
コロナ禍で色々と制約の多い1年ではありましたが、同時に学ぶことも多かった1年でしたね。
今年度の経験を踏まえ、次年度は皆でより一層の活動に励んでいければと思います。